◎小ロット、短納期、グラス持ち込みに対応!

◎食器洗浄機でも剥がれないセラミックインクを使用!

◎半永久的に退色しない安心の品質!

任せて安心の絶対的技術力であなたの困った!にお応えします

グラス作ろう.comではお客様のお店のロゴ入れ印刷、キャラクタープリント、OEMなどに幅広く対応しています。

360度の印刷も可能。多色での印刷にも対応。足の細い繊細なグラス、底の厚いグラスへのプリントにも対応できます。

国内で販売されている多くのグラスを発注できるので、お客様からのご依頼でのご購入も可能です。

手間なくオリジナルグラスを作りたい、少量にも対応。いくつかの種類のグラスに同じプリントをしたいというお客様のご要望にもお応えできます。

ビールグラス、ワイングラス、ジョッキ、盃、テイスティンググラス、タンブラー、パイントグラス、照明器具、瓶、側面印刷、底面印刷、両面印刷、全面印刷など幅広いご要望にお応えできますので、是非ご相談ください。

◎片面だけでなく両面印刷、全周印刷も可能です。

※グラスの形状やデザインにより対応できない場合もございます。

◎データがない場合のご対応も可能です。

※弊社ではデザイナーと連携して対応させていただいております。

グラスプリントに使えるインクについて それぞれのメリット・デメリット

セラミックインク

長所

セラミックインクは専用の焼成炉で600度くらいの高温でグラスに焼き付けることにより、インクの中の非常に細かいガラス粒子がグラスと溶け合って密着します。そのため硬いもので引っ掻いても剥がれない頑丈なプリントが出来ます。

(ただし金・プラチナは除く)

そのプリントの色は半永久的にかわりません。

短所

色のバリエーションが限られるため、近い色での対応となります。

 

樹脂インク

特徴

発色に優れ色のバリエーションが多い、光沢のある仕上げりになります。発色に非常に優れ、光沢感がある仕上がりになります。

短所

通常使用は問題ありませんが、硬いもので引っ掻くと剥がれます。

また経年劣化を起こしやすく色落ちがしてきてはがれやすくなります。

 

 


グラスの種類と特性について

ソーダガラスと耐熱ガラス

グラスには大まかに分けてソーダガラスと耐熱ガラスがあります。

ソーダガラスの中にはクリスタルガラスが含まれます。

どれに対してもプリント加工が可能です。

ただ、クリスタルガラスは高温に弱いため、色の制限が発生する場合があります。

当サイトでは、どのグラスに対しても加工が可能です。ご相談ください。

ビアグラス特集

クオリティの秘密

お問合せ


多くのお客様に高いリピート率で長きにわたりご利用いただいております!

グラスの選び方のご相談にも乗ります。お気軽にお問合せください。

プリントビールグラスギャラリー

「グラス作ろう.com」最新のお知らせ

年末年始休業のお知らせ

年末年始休業のお知らせ

2022年12月29日から2023年1月4日まで、当サイトは年末年始休業とさせていただきます。

お客様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

なお、お問合せ等は受け付けております。

返信は2023年1月5日以降となります。

 

東京ビジネスチャンスEXPO

東京ビジネスチャンスEXPOに出展しました

2022年12月14日、15日に東京ビックサイトで行われた東京ビジネスチャンスEXPOの、ものづくりのカテゴリーで出展しました。

弊社のグラス加工の技術を紹介する工夫をし、多くのご来場者様とお話しをさせていただく機会があり、ご商談の機会もいただいております。

今後ともガラス食器への加工、ガラス以外へのプリント加工等についてのご相談をいただきたくお願い申し上げます。