ガラス豆知識

江戸切子という東京の伝統工芸品にあたるガラスをご存知でしょうか。

赤や青のガラスを切って削り、色ガラスの下にある透明なガラスを出すことによって、様々な模様を作り出していく技法です。

伝統的に決まった紋様がありますが、最近では若手の作家さん達が、どんどん新しい技法を生み出そうと日々研鑽を重ねています。

江戸切子という名前で売り出している商品は、東京都が認定した職人さんであるとか、幾つか条件があるのですが、実際に東京で工房を構えているかといったらそうでもなく、隣県などに工房がある例も珍しくありません。

東京の伝統工芸も世代交代が進みつつあり、新しい展開がこれから楽しみな世界です。